ブログトップ

ちょんまげぶろぐ 2

chonmageth.exblog.jp

武士道重視ゆえに??「食える物は喰う!」をモットーに実験を重ねておりまする。リンクフリーでごじゃる。

踊るフミちゃんの豆腐

「踊るフミちゃんの豆腐」と言っても皆様にはお分かりにならぬと思いするが
知る人ぞ知る行列のできる田舎の豆腐屋さんで
「フミちゃんの豆腐」というネーミングの豆腐屋さんではありませぬ。
これは私が勝手にそう呼んでいるだけなのでありまする。

そこの豆腐ときたら
出来立てをそのまま食べると口中に大豆の甘い香りが広がり
醤油よりも塩で食べたいような気分になります。
汁の具として入れると口の中でほろりと崩れ喉元を流れるようにすべり落ちていきまする。

こんな所で商売が成り立つのか!と思われる田舎の豆腐屋さんなのですが
何所からともなく人が湧き、又車で買いにつけに来る人も絶えず
しかしこれといって宣伝してる様子でもなし・・。

それが昨日、夜の実験後
我が家に届いたのでありまする。

c0170905_21183922.jpg

確かに頼んではいたけどもう食えねぇーー!!
なのに見たら食べるのが私・・(汗

実はこの豆腐、去年田舎から出てきた実家の両親に食べさせたところ
父曰く「こりゃ、フミちゃんの豆腐たい」と言うのであります。

「フミちゃんの豆腐」とは私がまだ幼き頃
実家のある村の唯一の豆腐屋で現在は営業しておりませぬ。

子供の頃、小学校の低学年の私は夏休みになると
決まって父にラジオ体操帰りにフミちゃんの豆腐を買ってくるよう食器をもたされました。
ラジオ体操は朝7時
その頃フミちゃんの豆腐が出来上がるのであります。

ラジオ体操が終わると一目散に高台にあるフミちゃんが豆腐作りをしてる作業場へ向かいます。
「フーミちゃん、豆腐おくれー。」と私が言うと
フミちゃんがでて来て豆腐を2丁食器に入れてくれるのでありますが
そのとき多少の水を豆腐がペシャンコにならないために入れまする。 

「こぼさんごと用心してもどんないな」とフミちゃんは優しく言い飴を1つくれます。

私はそこから大人の足で10分程度の帰路をとぼとぼ歩いて帰るのですが
食器の中で踊る「フミちゃんの豆腐」は常に私の目を釘付けにします。
ちゃポンちゃポンと波打つ豆腐の水は私のおへその形をくっきりとあらわにして
夏の朝、毎日着替えに忙しかったのでありまする・・。

その時、豆腐の味が美味いと思ったことは一度もありませんでした。

何故ならば味噌汁に浮かぶ白くて四角い豆腐は全くと言っていいほど味がなく
醤油をかけて生で食べる豆腐しか美味しいと思ったことが無かったからでありまする。

しかし、今私が美味いと言って買う豆腐の味はその「フミちゃんの豆腐」の味そのもので
大人になった私は何所か体の奥深くでその味を覚えていたと思うほかありませぬ。

昨今の有名な豆腐屋さんの豆腐を私は好みません。
何故ならば、本来の豆腐と全くかけ離れた物になっているからであります。

片田舎でひっそりと作られる豆腐
なのに、口伝えに豆腐を買いに人が集まる。
いつしか、私の頭の中で夏休みの朝のラジオ体操の風景とリンクする。

家族経営なので大量に作ることはできないけど、ずっと同じ味を守り続けて
儲け度外視の経営
決して高い豆腐ではありませぬ。
スーパー並みの値段なのに親子共に頑なに同じ作り方を守り続けておりまする。

実家の儲けの薄い家業を継いだ弟を想いながら
人の幸せとは何なんだろう文化とはなんだろうと改めて考えましてござる。

ウンチク言うっ私って、酔っ払ってごじゃる!
年だわさ・・・・・。

昨日の実験報告

昨日の一押し068.gif        鶏モモ肉の木の芽焼き

c0170905_817714.jpg

これは、鶏のモモ肉に強めの塩黒コショーをふりフライパンで焼いたものでありまするが
油を引いてないフライパンをあっため強火で一気に皮目を焼きます。
その後裏返し同じように焼き
一旦お肉から出た油を捨て弱火にして蓋を閉め蒸し焼きにし
お肉に火が通ったら木の芽のみじん切りをお肉にまぶすようにして焼け付けていきます。
お皿に盛り木の芽をあしらい
同じフライパンで焼いた筍と大根おろしを添えたら出来上がりであります。

何故だか、木の芽をまぶしつけ焼いたお肉は脂っこさを程よくけしてくれ
食べ易くなりますよぉー。
味がしっかりしてるのでソースは必要ないでありまする。

                     夕餉の食卓

c0170905_824303.jpg

ざっとこんな物で夕餉を頂いたでありまする。
手前、左はこの前作った白和えのえんどう豆とスナップえんどうバージョン
右手前は、湯で干し大根と若布の炒め煮

でもって、二押し068.gif   三つ葉と若布の雑魚梅おろし和え

c0170905_8291842.jpg

はい、超簡単和え物でありまする・・。
でもねぇー、これからの季節あっさりさっぱりもの欲しくありません?

大根下ろし(200g)と梅(1個)のみじん切りを混ぜ少々の酢(小さじ1)と砂糖(小さじ1)
を混ぜたものに三つ葉(半束)と若布乾燥10gを戻した物)を和えたものでありまする。

こんな感じの夕餉で実験いかがでしょうか?
成功?

応援のポチンいただけたら嬉しいであります024.gif024.gif

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by chonmagesamba | 2009-05-31 03:41 | 料理・野菜・加工食品/保存食